タグ:書籍 ( 36 ) タグの人気記事

レヴィ=ストロースの庭

f0053506_14585718.jpg港千尋氏の本を最近良く読むことを以前にも書いたことを記憶していますが、気になっていて読みたかったエッセイをようやく手にして読んでいます。

「レヴィ=ストロースの庭」(NTT出版)

レヴィ=ストロースは、フランスのブルゴーニュの別荘で暮らす思想家です。
このクロード・レヴィ=ストロース教授のインタビューは、愛知万博博覧会の創刊誌「くくのち」として紹介されたようです。「週刊読書人」でも紹介されていました。

3編のエッセイから構成されているのですが、<庭の神話>では、神話の話が出てきたり、例えばカラジャ族の「森の掟」に関する神話であったり。アマゾンは、森であると同時に庭であったりすることなど。アマゾンは、「原生林」ではなく、人間と森がつくりあげた文明の自然であるというあくまでイメージであるが、なかなか興味深いです。

森が、本来の森であるかどうかというのは私自身が興味があることの一つなのですが、昔はそんなことはあまり考えなかったことです。個人的に生物学者の本などに触れていると、日本が森を神と崇める気持ちだとか、前回見た映画に「ミーシャ」に登場する白い狼を神と感じる心とか。日本人特有な考え方であるような気がします。それについて研究したり詳しく調べているわけではないのですが、そういう風に感じることというその特有な気持ちはどこからくるのか不思議です。

最近私が、「なぜ写真を選んだか」とか「写真を特別なものとして考えるようになったか」とか(今はしょっちゅう撮っている訳ではないけれど)、そういうことを実践するためにやはり写真をやっていくべきだと思うようになりました。その答えは見えないけれど(見えてしまうとやる意味がないような気がする)、に「何をやるべきか」ということについては決まっています。今までは何か良く分からないけれど、やらないと気が落ち着かないとか、やらないと生きている意味がよく分からないというような感じでしたが、「何をやるべき」ということは、はっきりしていなかったような気がします。美術大学で勉強するからには分かっておかないとちょっときついと思いますが(私なりに)、独学しているときからつねにそのことは考えていたような気がします。だから早いうちにその答えが見つけることができて(現時点では)ちょっとほっとしています。

意気込みはいつも十分なのですが、どこまで完成するのかというのはやはり「気持ち」次第だと思います。若いときはなんでも出来るような気がするのも無心だったからだと思いますが。今は知っているからこそ出来るという気持ちでこれからの人生は考えていかないと、ということはいつも考えていることですが。

「レヴィ=ストロースの庭」からはちょっと遠ざかってしまいましたが、写真も文章もためになるような書籍です。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ


[PR]

by sora_atmosphere | 2009-03-20 15:48 | 本/Books

これから読む本について

f0053506_14383742.jpg

今まで読めなかった本を含めて、これから春に向けて一息に借りました。
個人的に読みたい本もあれば、レポートを書くために読む本もあれば、という感じですが、写真関係の本がようやくたくさん読む時間が出来たので嬉しいです。今までも、主に写真の歴史に関する本は個人的に読んでいたのですが、独学でやっていると要点が分からないことが多かったので(個人的な興味があること中心な読み方)、特に写真を撮る動機とか、内面性のもの。もっと客観性を持ち、それに対して述べられるようにするにはどうしたらいいのか、ということをもっとやっていかないとと、つねづね思っていたことだったので、そのための本をこれからは熟読していければと思っています。


○セルジュ・ティスロン『明るい部屋の謎ー写真と無意識』青山勝訳、人文書院、2001年

この本は、大学のテキストの参考文献に載っていたのですが、かなり興味深くて読んでいます。
写真実践として「捕獲」するという動作には、どういう心的状況があるのか。など、映像による世界の明瞭化という欲望の背後にある写真行為の本質的な心理的構想要素などについて書いています。
私が興味を引いたのは、消化、吸収されなかった「異物」として体内に残されたものを「消化=同化」して自分のものとして取り込んでいくという作用(「世界の消化=同化という心的な必要にために」)に写真という行動を取り上げているという点です。
嫌なものに目をそらしてしまえばそれでおしまいかもしれないけれど、それを「捕獲」して眺めることで「消化=同化」していく。それが写真の力として備わっていることだということです。


○ジョン・クラカワー『信仰が人を殺すとき』佐宗鈴夫訳、河出書房新社、2005年

クラカワーの著書は、映画の原作にもなった『荒野へ』を読んでから、『空へ』に続いて3冊目です。実はこの本には、少し惹かれていました(ちょうどイスラム教のレポートを書いていた頃に)。本当にあった事件をインタビューを重ねながら調査して、真実味強く書いてゆくというクラカワーのスタイルが、本文に中に力強く表れています。
モルモン教による誘拐事件や殺人事件について、モルモン教の本質について書いたもので、「信仰とは何か」「人間を救うはずの宗教が、なぜ人間を殺人に駆り立てたのか」を問うものとなっています。
イスラム教など、原理主義といわれているけれど、聖戦とは一体何なのか。神の信仰に対する復讐の念という気持ちというのは、日本人の私は理解が難しいところですが(政教分離の現代においては日本人だけでもないかもしれないけれど)、こういった問題は解決が難しいのかもしれません。


○港千尋『第三の目ーデジタル時代の想像力』廣済出版、2001年

ーかつてイメージは、何万年ものあいだ、偏在する物だった。

ーわたしたちが世界を見ているとき、わたしたちは身体をもった存在として見ている。世界のに輪郭を与え、指先から線を生み出し、その線によって視覚を鍛えてゆく。そのとき、線やかたちはいったいどこからやってくるのか。
(「はじめにー変容する眼差しと記憶」より引用)

デジタル化によって失われうつつあるイメージの世界をこれからは、手探りで探さなければならなくなった時代なのでしょうか。


○飯沢耕太郎『私写真論』筑摩書房、2000年

「あらゆる写真は、「私写真」であり、"私"と被写体(現実世界)との関係の網の目から濾し出されてくるのである」と、飯沢氏はいう。確かに、写真は私的であるし、自分の意志でシャッターを押す機械であるから、カメラを持つ本人が操作をしてイメージ(映像)が生まれる。
「私写真」は、作者自身の過去を記録しているものでもあるし、対象物を通して、作者を記録されるものでもある。著書の中では、4人の写真家、中平卓馬,深瀬昌久,荒木経惟,牛腸茂雄が紹介されています。


他にも何点かあるのですが、主要な読みたい本だけ紹介しました。
一息で読めるような本ではないので、時間をみながら要点をしっかり読むつもりです。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-03-01 15:49 | 本/Books

写真集「PABLO NERUDA Absence & Presence」

f0053506_2224318.jpg最近私が気になっている写真集があります。
それは、チリ出身の写真家ルイス・ポアロの『パブロ・ネルーダ』(原題:PABLO NERUDA Absence & Presence)です。

パブロ・ネルーダは、1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの詩人で、当時の政治的な関係に関わり国を追われた人物です。イタリア亡命時代を題材にした映画『イル・ポスティーノ』でもそれは扱われています。日本で上映された当時、見逃していて、このことが題材だということは初めて知りました。
写真集では、パブロ・ネルーダが過ごした家があるイスラ・ネグラ(黒い島)の空家となった外観や内部を撮影したものなど、全体的に3部構成になっているもので、パブロ・ネルーダの詩編と共に構成されているということです。

最近、私は港千尋氏の本を真剣に読んでいるのですが、この写真集についても著者が書いた『記憶ー「創造」と「想起」の力』の中で紹介されていて、興味を惹きました。まず、「不在」をなぞることを中心に構成されているということ、ネルーダ詩編の言葉を引用しているということ、などさまざまな要素が気になります。「記憶」ということをタルボットの写真術の根源である「自然の鉛筆」の写真集からの流れで書かれていることもまた写真とは、写真で記憶を辿ることとはどういうことなのかということを考えさせてくれます。

パブロ・ネルーダという人物はどういう人であるのか、また不在の人物の所有品をどのように撮っているのだろうかという空想が広がります。「イスラ・ネグラ」の家や、部屋の内部など参考テキストで小さい写真は載せてあるのですが、いずれも6×6で撮られた写真でした。
図書館には置いていないものが多い(書店でも探すまで困難である)海外の書籍は、なかなか目にするまで時間がかかりそうです。いつか出会える日が来ると思いますが。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-02-15 23:02 | 本/Books

読んでいる本について

f0053506_22362665.jpg


 いま、写真評論家、港千尋氏の『写真という出来事 クロニクル1988-1994』という本を読んでいます。ちょうど今日から読み始めました。
 港千尋氏の本は前から読みたいと思っていたので、これを機会に他の本も読めればと思っています。

 港氏は、パリを拠点に活動している方です。この本は1998年に出版して、1988年の記述からさかのぼって書いているのですが、時代をさかのぼって写真のことを書かれてあるので、いまの私には参考になります。というか今読んで面白い、と感じます。第19〜21回までのアルル国際フォトフェスティバルのことが書かれていたのでいま読む切っ掛けになったのですが、ルポルタージュフォトの記述や、ニエプス博物館のこと、シャトー・ドー(給水塔)を改装した写真美術館のことなど、なかなか関心深いです。

 私ぐらいかもしれないのですが、港氏はいままで女性なのかと思っていたのですが(名前を読んで)、男性でした。大変無知な人間だなと思ってしまいます。
 まだ半分も読んでいないので、空いた時間に続きを読みたいと思います。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-12-28 22:36 | 本/Books

自然災害

 昨日、自然災害をテーマにした映画「252-生存者あり」を見たのですが、自然の脅威は凄まじいものでした。もしも東京にあんな大きな災害が起こったら、そう感じさせられると恐いものです。以前は、シミレーションした映画も「こんなこと起こるわけがない」と割り切って見れたものが、今では「何が起きるか分からない」というのが現状なのでまったくの架空とは思えなくなったなと思います。

f0053506_2211457.jpg 最近レポートの課題で、「暮らし」について考えているのですが、東京デザインセンターで開催されている、「地球を救う建築 High-Tech and Tradition」。我々の祖先が何万年もの間にわたって生み出してきた自然と共生する叡智が作り出してきた建築と現代技術をいかに融合させ21世紀のあるべき建築を作ることができるのかということを提案する展覧会、これも行かなければと思っています。
 安藤忠雄も、「海の森」プロジェクトに参加するなど、今は自然も命のように考えるようになってきた時代です。

 私は、エコというより、以前宮脇昭という植物生態学者の書いた本「鎮守の森」のような森を作ることの重要性が大切だと思っています。潜在自然植生(土地本来の森)を作ること、それは自然災害から守るという役割をするからです(宮脇氏の著書より)。そういう国有林を作る団体が増えて、いまは子供たちを中心にした植樹活動が盛んに行われているようです。土地本来の森(その土地にあった森)を増やすということは、CO2を減らすだけではなくて、自然災害を防ぐのです。日本は森林帯国ですから。それだけ自然との関わりを大事にしている国なのです。もはや、自然災害は人ごとと考えるのは危険なことだと思います。とはいえなかなか行動するのは難しいですが。

 この映画を見て、自然災害と都市の潜在自然植生化について考えてしまいました。

 詳しくは、こちらの著者を↓
『木を植えよ!』宮脇 昭(新潮選書) 

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-12-18 22:13 | 展覧会/Exhibition

休息

f0053506_2331672.jpg


ここの所、休息しようにもなかなか難しい状況でした。休息しようしようと思いながらも、こなすことをこなして時間が過ぎて、終わって一安心する。そんな休息のしかた。次の課題は、谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」を読んで見ようかと思う。これは、調べたらなかなか興味が出る本だったので。

ずっと指定図書や文献ばかり読んでいたので、一息つくためにようやく借りていたジョン・クラカワーを読み始めた。エベレストの悲劇はなぜ起こったのか。本当に著者が体験した実話。冷酷だけれど的確な語り口は、なかなか心にズシッとくるものがあり、珍しくベストセラーを気に入って読んでいる。冷たくも感じるけれど、熱情が物凄くある人だなあと思う。ホロコースト関係も、今家に買ったものも含めて溜め込んでいるので、早く読みたい。

本は、結構読んでいるとどんどん次々と読んでしまう。特に、"書かなければ"という気持ちがあるから、またただ読むのとは違うけれど、そんな気持ちの焦りというのがなんとなく私には気持ちがいい。多分、幼い頃から「本を与えれば喜んで読んでいた」といわれていたころを思い出すのだろうか。幼い頃だから、絵本や童話を読み与えられていたけれど、個人的には図鑑が好きで、なぜか家には図鑑が多かったものだから、その分厚い本をひたすら捲っていたときの、そんな懐かしさが蘇るのかもしれない。いまでも、分厚く大きな本を読むのは、なんだかわくわくする。世界美術全集とか。また図書館で調べものをするときには出会えるかなあ。

明日は、久しぶりの芝居鑑賞に心が躍る。

※写真は内容とは関係ないけれど、コペンハーゲン。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-10-10 23:24 | 日記/Life

自分のこと

f0053506_0294563.jpg



エキサイトでブログを初めてから、3年目くらいかな。
ブログを始めた切っ掛けも、展覧会を多くやっていたのでHPを作って、そのなかで日記書いていて(そちらで書いていた方がもっと書きやすく書いていたかな)、2年してから、突然ブログを始めていたので、唐突といえば唐突に。

私は、関東の出身なのですが、縁があって2002年から関西で、展覧会をやらせて貰っていました。東京に住んでいるから、なかなかたくさんのところ(私は京都で展覧会をやるのが凄く心地がよかった)で見せられなくて、もっとどこに住んでいても作品を見てもらおうと思って、HPを作っていたのですが。
ええと、2005年からちょっと全て作風が変えてしまい、お世話になっていた人からも離れてしまい、東京で発表していこうと考えると、凄く悩んでしまう。なぜか、悩んでしまう。
この悩みは、一生。多分、場所の力というか、人の力というか。そんな感じを考えています(自分でもなにいっているのかよく分からない)。

どうしてそんなこと考えたのかなというと、アーティストなど色々な人の話を聴きに行くのですが、特に、新生アーティストのギャラリートークなどに行くと、なんだか凄く疲れてしまう。作りたいエネルギーが溢れているのが伝わるんですよ。そうなると、勢いで話すから言葉の意味が聞き取れなくて、疲れる。うーん、それは30代になったからなのか。
でも、松井知恵さんのときは、本当リラックスして、ゆっくりと考えることが出来たし(ゆっくりといってもゆっくり話しているとかそういうことじゃないけれど)。凄く勢いって大事だけど、私は、もっとゆっくり考えられることの空気が、やはりいいかな。
という私も結構、興奮すると支離滅裂になってしまうから、勢いも大事かな。

そんなことが、書きたいのではなかったのだけれど、また次は違う話で(もっと前の制作のこととか、こんなことを実はやろうとしていたとか)。
ギャラリートークの書き込みもします。

※上の写真は2003年にグループ展に出したときので、色々なところで見せたりしていた作品。
スウェーデンで撮ったので、スウェーデンの友人やその家族にも見せたことがありました。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-09-21 01:04 | 日記/Life

「荒野へ」を読む

f0053506_022641.jpg先月末に試写会に行ったという、ショーン・ペン監督の映画、「Into The Wild」(現在公開中)の書籍をついに買って、半分まで読み進めています。この本、売れているようでどこに行っても、無いか残り僅かでした。

映画と同じ箇所が幾つか出てきますが、より具体的に分かり、読みごたえもありはまっています。クリスの旅は、最後は残酷な結末で、またちょっと理解できない部分もありましたが、関わった人々による証言から、主人公の人間性が分かり、凄い体験、経験をしている、そしてしようと心掛けていたということに、魅力を感じたのです。
石川直樹さんが言うように、私も少しだけ気持ちが分かるような気がしました。
恐らく、一人で旅する人にとっては分かることだと思います。

偶然、命を落としてしまっただけのことといっているけれど、それはかなり大きなミスで、取り返しのつかないこととなってしまったことをクラカワーは、何度も指摘しています。原因は、植物中毒ではないかなど。
地図の空白地を放浪したいという欲望から(地図には空白が実際ない)、地図を捨ててしまったこと。その他にもたくさんあるけれど、あえて、そうしてことがやはりアラスカという地は向いていない、過酷ということが残酷なほどに感じられました。

「なぜアラスカ」というのが問いかけになっていましたが、これは原作を読んで分かりました。クリスは、ジャック・ロンドンの小説に魅せられていたわけです。ジャック・ロンドンが描いた物語に心を奪われ、荒野へと向かって行ったと書かれていました。ただ、小説の中の出来事はフィクションであって、ジャック・ロンドンは、理想とはほど遠い生活をしていて、最後には自ら命を絶ってしまった人物であるそうです。

クリスは、かなりの読書家で、他にもトルストイなどの書籍を持ちながら、気になる箇所には印を付けていたそうで、それも映画よりも具体的に書かれていました。

反社会的でも浮浪者でもない。あえていうなら巡礼者であったのでは、と著者はいっていますが、 確かに反抗心とは違う何か別の目的があったのだと感じました。それは、凄く強くてはっきりしているもの。日記には書いてないので、本心は分からないともいっていますが、確かに自分のなかでは、理想とする何かが見えていたのだと思うのです。

まだ全部読み切っていないけれど、しばらくは、この本を持ちながら、読み終わってからも読み返してみようかなとそう思わせる本です。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-09-12 00:50 | 本/Books

休戦

f0053506_18404722.jpg 帰国してから最初に借りた本が、プリーモ・レーヴィ『休戦』でした。

 始めは、ユダヤ人の詩集などを借りたかったのですが、なかなか見つけるのが難しかったので。同じ著者が書いたもので『アウシュヴィッツは終わらない』があるのですが、これも見当たらず。『休戦』は2作目の作品とのこと。

 プリーモ・レーヴィも、アウシュヴィッツ強制収容所に送られ強制労働をさせられたイタリア系ユダヤ人。撤退準備の最中、病気にかかり伝染患者の病棟に入れられた。そのまま放置させられたが、体力が残り生き延びることが出来た。最後の3人の中の一人だという。

 この本を読んだ後、書店で田口ランディの新刊をぱらぱらとめくっていると、このプリーモ・レーヴィのことが書かれてあったのでびっくりした。なんか偶然ではなくて、見つけてしまった。という感じ。とくにこの本を購入したというわけではないのだけれど。
 
 あのおぞましい出来事。という気持ちがずいぶん晴れて、私にとっては重要な資料という意味で本が読めるようなった。これもポーランドに行った成果かもしれない。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-04-24 19:07 | 本/Books

神保町

f0053506_10124911.jpg神保町に寄ったついでに、靖国通り沿いに面している古本屋を何軒か覗いて見ました。

お店の名前を控えてなかったので忘れてしまったのですが、外国人の人が経営している洋書専門に扱っているお店は、小さいながらも良い品揃えをしていて、写真集とかもたくさん置いてありました。今度行った時にでも名前を覚えておきます。入る時に「こんにちは」と日本語で挨拶をしてしまったのですが。

50年の歴史がある北沢書店の2Fは、洋古書がずらりと並んでいて、いるだけでも充実してしまうのですが、西洋史のコーナーに長い時間立ち寄っていました。よく、古いものを置いてある空間って、「博物館のよう」と表現に使われるけれど古本屋もそれに近いものを感じます。書店はいるだけで時間を忘れてしまいます。



BOOK TOWN じんぼう
↑国立情報学研究所が構築し、NPO法人が運営しているオフィシャルサイトも見つけました

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-04-19 10:30 | 日記/Life