タグ:トシェビーチ ( 9 ) タグの人気記事

石内都展 ひろしま/ヨコスカ

f0053506_933998.jpg


 今年最後に鑑賞した展覧会は、石内都展 ひろしま/ヨコスカでした。今月の初めに、石内都の話し、石内都と話すに参加して、作家本人と一緒に展示室を回りながら作品の話を聞いたり、作家本人の話を聞いたり、というイベントに参加をしたのですが、本人不在で作品を見るのはこの日が初めてです。

 あのときはゆっくり見れなかった「連夜の街」のシリーズと、ビデオインスタレーションをじっくり見ながら、あの日の話のことを思い出したりしていました。まるで何かに仕返しをするように撮ったという「連夜〜」のシリーズは何か引っかかるものがありました。その日、図書館にいったついでに写真集を借りて写真を見ながら本人の解説を読むと、「旧赤線跡」といわれた街を歩いてと書いてありました。赤線といわれている街は"売春婦が住んでいた街"だそうです。他者の解説では、"アパートが生きもののようになりかかっている"と書かれてありました。

 なぜ気になったのか、という話に戻りますが、私がチェコのトシェビーチで、ゲットーを歩いて撮った目線と似たものを感じたからだと思います。ただ、私は何を感じたかというと(自分が撮ったチェコの写真に対して)、あの時は、不在の住民ということを意識して撮っていたのです。今はユダヤ人はいないけれど、どこかでユダヤ人を探している自分がそこにいたという感情です。そう思うと、石内都さんが撮った"赤線"と呼ばれた街を撮った感情とは違ってきます。けれど、石内さんもきっと今は不在の住民を探していたのではないだろうかと考えると、気持ちが同感できるような気がします。この街は現在は存在しない(取り壊されてしまって)というようなことが書かれてありましたが、この「今は存在しない」というものに対しての思い入れというのは、私も同じように同感できるのかもしれないという意味です。ちなみに、"赤線"というのは通常の地名ではなく、読み書きはしないそうです。

 残り少なくなった今年に、写真についてさらに思いを深める石内都展でした。

※写真はアオギリという木で、広島では被爆した木として知られています。目黒区美術館に行く途中にあります。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2008-12-28 22:06 | 展覧会/Exhibition

CZECH,Trebic 2005

f0053506_0312139.jpg

CZECH,Trebic in 2005   photograph Sora




もうあれから2年も経つ。
チェコ・トシェビーチへ訪れてから。
そんなことが思い出される。

不意に無謀な計画が浮かぶ。
北欧は違う時期に行くとして、
ポーランド、ドイツ、チェコ、
そういえば、リトアニアにも。
1ヶ月、写真に集中して。
そんな計画。また、腰を悪化させそうだ。

写真は、ほとんど暗室ばかり。
部屋に籠って明け方までの作業。
余程のことない人ほど、こんなことを好んで遣らないと思うが。
文化を守るためには、そうする私の真髄。
そんなものに支えられ、写真と共に生きる。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2007-06-10 00:44 | CZECH

time traveller>Vol.4

 「天気の悪さで、やはり身体を冷やしてしまい、途中休憩を必ずいれなければならなくなる」(2005.10.22 17:55)

 「朝でも夜でも、宿泊先の窓から見る駅の風景が、私は好きです。夜は遅くまで、列車が出入りをしていて、音がするとすぐにウィンドウの透き間から外を覗き込むと、古い汽車の汽笛のような音と共に列車が出発していきます」(2005.10.22 21:07)

 夜に外を眺めるのが、唯一の休息だったのでしょう。眠りについてからも、一時目覚める時は、こうしてペンションから見える駅を眺めたものです。
6日間の滞在期間は短い。だから、毎日朝から夕方まで、写真を撮り続けていました。この後、スウェーデン,オランダと渡る訳だから。もう少しゆっくりと滞在しながら写真が撮れれば、といつも思うものです。
 それでも私のような長期滞在者は少なく、人がひっきりなしに出入りしていました。この日は、若者の宿泊者がいたせいか、下が賑やかでした。





f0053506_22342545.jpg



 「今日はトシェビーチ滞在、最後の日です」(2005.10.23 22:25)

 次の日はプラハに戻りました。
 いつか、必ずチェコの写真集を出すこと。そして取材、滞在などをしてもう少しじっくりチェコという都市、または関連した都市や歴史、事柄と向きたいのです。

to be continued...

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-10-25 23:04 | time traveller

time traveller>Vol.3

 昨年、チェコの写真とユダヤ人を巡る歴史思想への旅は(と副題を思いつきでつけてみましたが)、16日間の旅は、目的であるTrebicの街に到着しています。
 このブログを始める前に、行っていたので記録やまとめとしてこちらに書いている訳ですが。

 Trabic(トシェビーチ)には、六日間滞在しました。24日の早朝にプラハ行きの電車に乗車しています。

 午後3時に到着して、ペンションをチェックインしてから、ユダヤ人街(残されているゲットー)を歩くと、日が落ちてしまう。オーナーに車で送ってもらっていたため、帰路が暗くなり、分からなくなってしまったのだ。「分からなくなったら、電話して」といわれていたけれど、迷惑をかけまいと自力で帰る。声をかけた犬を連れた散歩中の女性が親切に送ってくれたのだ。

 ユダヤ人街区付近は、時間帯のせいか子供をよくみかけた。地図では近くに学校があるようであったが、探しまわったけれど見当たらなかった。ただ狭い道幅の路地が続き、階段や石畳を昇り下りしながら歩いた。現在もなおここでは、人々が生活をしている。

2005年10月20日(木)

 朝、ペンションで朝食を取り、9時頃外出。ユダヤ人街区を歩いていたが、歩いている内に区域から離れ、民家の路地を歩く。

 お昼は必ずカフェで暖をとるようにしていた。10月のチェコは寒い。そして連日の霧雨。手も全身も凍るような日。だから、カフェでの時間は有意義だった。ひたすら、写真を撮ることに専念。気がつくと、夕方5時を回っている。

 マーケットで、食料やビールを買いペンションへ。

 2005年10月21日(金)

 「今日は、雨が降ってしまいました。霧雨ですが、ずっと歩いていると結構濡れます」(2005.10.21 11:01)

 「午前中は、2時間程ペンション近くの路地を歩いていたのですが、ここで撮るスナップは、とても良かった。いつもの自分のペースを掴みながら、ピッチが上がっています」(2005.10.21 11:01)

 この日は、本格的な霧雨で、調子良く進んでいた作業が進まなかった。自分の中で撮影のフィルムノルマを作っていたので、毎日焦っていた。限られた時間でどれだけ撮れるかをためしていたからだ。

 「昨日は疲れてしまい、21:00すぎには寝ました。5時にはっと目が覚めると、突然帰りのプラハから空港へのバスのことが気になった。調べていると、タイムテーブルをもらっていた事に気がつき一息つきました。そして、今日の撮影のスケジュールを考え始めたのです」(2005.10.21 11:01)

 トシェビーチでは、息つく暇なし。というようにひたすら写真に専念していた様子が伺える。

 この日は、外食をした。マーケットばかりの食事では身体が温まらないので、スープを飲みたくなった。スープと一緒に、モッツァレラチーズとブロッコリのニョッキのパスタを注文した。身体が温まる。

2005年10月22日(土)

この日は、少し離れた場所にあるWindmill(風舎小屋)まで歩く。


to be continued...


Sora



人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-10-22 16:42 | time traveller

time traveller>Vol.1

time traveller=時空間の旅。時間と空間を超えて、今ここに存在する旅時間。


 2005.10.18(tue)。
  10:15発 KL862便 NRT(成田)-
  ちょうど一年前、私は飛行機の小窓からこんな風景を見ていたでしょうか。

f0053506_23404484.jpg


 「写真を撮りながら、イメージを語る作業が楽しい。自分のイメージ通りの視線が、ファインダーに現れてくるまで ー ファインダーを覗き込んで」(2005.10.18 11:35)

 切っ掛けは、些細なもので、この年に見た「世界遺産」の番組。5月15日の放送は、<トシェビーチのユダヤ人街と聖プロコピウス聖堂>。この時から、私の旅は始まっていた。

 トシェビーチ(Trebic)は、チェコ共和国・プラハより180kmに位置する場所にある。モラヴィアの高地の自然、チェコスロバキア共和国の文化的な歴史的背景を持ったユダヤ人文化の中心地。
 1939年ー1945年の第二次世界大戦では、ナチの戦略化により、後にポーランド,チェコの強制収容所にユダヤ人は移送される。

 「自分の人生を考えるように、旅をしながら写真を撮るのだと思う」(2005.10.18 10:50)

 旅に出ると、ありきたりの言葉しか浮かばないが、いつも考えているのは飛行機や移動する乗り物の中であったりする。
 本を読んだりはあまりしない。いつも何かを考えているような気がする。考えているというか、感じているだと思う。それから、イメージをすること。

 短い時間の中で、どれだけのことが出来るかを勝負するため、イメージトレーニングをする。出来るだけ時間を短縮したい。いつもつまらないことで勝負をしている。自分自身との真剣勝負。それは普段の生き方についても云えること。


 15:15分。アムステルダム・スキポール空港に到着。
 16:20発。KL3125便 AMS-PRG 17:45到着予定。


 プラハには、1時間弱遅れての到着。もう外は暗い。TRANSPORT SERVICEで、市内へ。ドナウ川の水面が反射してキラキラ光を帯びている。「3年ぶりにチェコに来れた」という歓びに溢れる。

 地下鉄でYHへ。迷う。外は人気もなく、怪しい車が行き交う。安全を考え、近くのホテルに入り道を尋ねる。近いのでYHまで送ってくれるという。パトカーがたくさん駐車してある。「車道を渡って見つかると罰金を取られるから向こうから回りましょう」チェコはこんな規則に厳しいのだと知る(日本も同じですが)。

 明朝は、トシェビーチへ向かうため荷物の整理をして就寝。明け方、起きてさらに荷物の整理をする。

 旅先では、自分の呼吸を整える。そして、写真に集中するため、資料を読み、就寝。寝不足にかかわらずいつもこんな調子である。

to be continued...
Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-10-19 00:49 | time traveller

Trebic 2005

 今、新ためてユダヤ人迫害の歴史を読み進めている。いずれ、オシフィエンチムやリトアニア、ドイツなど取材したいということからの思いだけれど、昨年10月に思いきってチェコのゲットーに行き、一人写真を撮っていた時の思いも重なる。

 知りたくないことを知ったり、悪夢にうなされたり。歴史を知る上で、作品に触れる上で大切なことは、この見たくない、知りたくない領域に触れるということも必要なことだと思うのです。

 思えば、ここトシェビーチのゲットーも収容所から逃れたユダヤ人が今もここに住んでいるのだろうかと思いました。生存したほとんどのユダヤ人は、現在イスラエルに帰郷してしまったか、他界してしまったと思うけれど、それを知ることが出来れば何かまた違う思いが重なったろうと思います。

 歴史は繰り返して欲しくないという思いが、いっそう増していきます。今でも、ユダヤ人の宗教の差別、それ以外にも住みにくい生活が続いていると思うのです。

f0053506_1756083.jpg


Sora




人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-06-28 18:15 | CZECH

Trebic 2005

f0053506_2129342.jpg


 ゲットーとは、第二次世界大戦中にあったユダヤ人を収容した施設のことばかりをいうのではなくて、ユダヤ人が住んで居た地区のことをそう呼びます。

 クラクフには、11世紀の頃からゲットーと呼ばれるユダヤ人居住区がありました。そこクラクフに1940年ナチがゲットーを築き、その時住んでいたポーランド人を追い出して、ユダヤ人をそこに閉じ込めました。

 収容所は、アウシュビッツ・ビルケナウ(アウシュビッツはナチが付けたドイツ語の名。オシフィエンチムがポーランド語の地名)の他に、ヴェステンボルク(オランダ)、ドランシー(フランス)、モノビッツ、マイダネック、ベルゲン・ベルゼン(ドイツ)など多数ありました。

 ベルゲン・ベルゼンは始め、休養収容所と呼ばれていたが(ガス室などなかった)1944年頃から、他の収容所にいた人々が多数輸送され、囚人でいっぱいになりました。バラックに入りきれない人々はテントで生活をし、冬の寒さのため環境は最悪でした。やがて不衛生なため発疹チフスが流行り、感染したもののほとんどが命を落としました(アンネ・フランクもアウシュビッツからここに移り、チフスに感染しベルゲン・ベルゼンで亡くなった)。

澤田愛子著「夜の記憶」ホロコースト・サバイバー"ミラ・ホワイト"さんの証言による

Sora


ここ、チェコ、Trebicにもゲットーがあり、今でも人々は静かに生活をしています



人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-06-24 22:19 | CZECH

遠いキオク

f0053506_22113492.jpg












 遠い所で 結ビツイテいるような記憶 忘れ去ラレタ記憶
そういうものに 日々揺り動カサレながら 何かト思いヲ重ねてユクのだと思いマス



 私は 遠い記憶ニ思いを委ねるようニシテ 旅ノ中から
記憶ノ眠る景色を 探してイマス

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-06-20 22:25 | CZECH

記憶の断片

f0053506_1414239.jpg





 いつか夢の中に現れた
廃墟と化した
 雑居路地
そこには 捨てられたように
 生活の玩具が 残されていました
何か 探し物をするかのように
 辺りを見渡す
私の視線があります

 残された形跡は いつかどこかで
何かと結び付くことを信じていた気がします
 それは 自分自身の手で 捨てたものかもしれないし
目を背いてきたものなのかもしれません

 確かにそこにあったものが
やがては 忘れられ
 消えていく運命にあるとしても
私は あの日夢で見た記憶の破片のことは
 今でも忘れられずに
無意識の中で 呼吸をしているのです

Sora



人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-06-18 14:23 | CZECH