カテゴリ:スポーツ/Sports( 8 )

女子バレーボールワールドグランプリ2006>日本×韓国戦

 本当に強くなりました。アウェー戦、韓国に圧勝。セットカウント3-0で日本が勝利しました。
f0053506_234124.jpg


 そして木村選手の天才的なプレー。見ていて関心するものがあります。2004年の春高校バレー、コートで撮っていたあの瞬間、彼女がフェイントしたボールが私の目の前に落ちてきました。あの判断力。ファインダから覗いていた時、はっとさせられました。ファインダから目を離さなかったらボールがまともに当たっている所でした。まさにコート内は戦場。

 明日は世界第二位、ロシア戦。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-08-26 23:53 | スポーツ/Sports

女子バレーボールワールドグランプリ2006>ポーランド×日本戦

 今日は講義があり、うっかり録画を忘れてしまったポーランド×日本戦。気が付いて急いで帰宅し、3セット目からの鑑賞。

 ポーランドは高さとパワーがあります。でもやはり日本が技術的にも、勝負強さにも上手。第一セット 25×18,第二セット 26×24,第三セット 25×18。セットカウント3-0で日本が勝利しました(解説員になっていますが)。
f0053506_13756.jpg

 大山選手にもたくさん活躍して貰いたい。

 明日はアウェーでの対決、日本×韓国戦です。明日は始めから応援します。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-08-26 01:47 | スポーツ/Sports

ワールドグランプリ2006 開幕>女子バレーボール

 いよいよ、今日から女子バレーボールワールドグランプリ2006が開幕になりました。私はバレーボールのことには目がないので(サッカーは見ないのに)、今日はバレーボールのことを少し。

女子バレーボールワールドグランプリ2006

 バレーボールワールドグランプリとは、
 <1993年に国際バレーボール連盟(FIVB)が女子の世界トップチームをアジア地区中心に集め、バレーボール技術の向上とテレビ放送によるバレーボールの振興・普及を目的に創設した、スポーツ界に類を見ない世界大会。>(フジテレビHP参照)

 2006年大会は、世界から12チームが参加します。

 ●中国,日本,韓国,タイ,イタリア,ロシア,ポーランド,アゼルバイジョン,ア 
  メリカ,キューバ,ドミニカ共和国,ブラジル
  の12ヶ国、12チーム。

 女子バレーといえばやはり強いのが、宿敵ロシア。でしたが、今はやはり長い伝統が築き上げている守りが固く、技術も勝る中国。そしてチームプレーに優れているブラジル。
 顔を真っ赤にしてどなり散らしていたロシアのカリポリ監督も引退してしまい、もうあの姿が見れないのかと思うと少し残念です。

 "東洋の魔女"といわれていたあの日本のバレーの強さを吹き返そうと、立ちあがった柳本監督。
 そして、今回のスタメン(スターティングメンバー)も変えてきました。セッター、キャプテンの竹下選手を筆頭に、杉山選手、宝来選手、木村選手、大山選手、リベロで起用の菅山選手。海外遠征から帰国したわれらが高橋みゆき選手。かなり、チームを強豪にしてきました。

 そしてやはり強くなっていた。あのキューバにストレート勝ち。9月まで目が離せません。



f0053506_1241290.jpg

                       photograph:Sora

<注>バレーボールのことばかり書かないで、きちんといつものように書きますので宜しくお願いします。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-08-19 02:15 | スポーツ/Sports

世界バレーまで、後175日

2006世界バレーは10月31日開幕です。

2006 VOLLEYBALL WORLD CHAMPIONSHIPS JAPAN

バレーボールに魅せられて撮影してましたね。スポーツを。

柳本japanはどれだけ成長したのでしょうか。
今年も全員バレーを目指して頑張っていることでしょう。
高橋選手がもはや日本不在なのが寂しいです。

Sora
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-05-09 23:41 | スポーツ/Sports

オリンピックも終わり...

トリノ五輪も終わってしまいましたね。
とはいえ、結局私が見たのは本命のフィギュアスケート女子だけでした。
その他も少しは見ていたのですが、

見事金メダルを取った荒川選手が注目されていますが、日本に帰国して記者会見で、嬉しさの中にもこれからやるべきことに向かって見据えている言葉がとても印象的でした。一つのことを成し遂げたからこそ出てきた言葉なのではないかと思います。

競う事が嫌いだけど、今回は勝ちたいと思った。という言葉が胸にきました。
私も人と比べられるのが好きではなくて、人と競う事も好きではない。結局は自分自身の精神との戦いなのだと思うのです人生は。駄目な時は自分の精神が駄目な時で人のせいではない。そう言い聞かせても駄目な時は駄目なのですが、それでも何事も諦めないでやり通すことを忘れないようにしています。

アスリートの人は、肉体との戦いもあると思いますが、素晴らしいなあと思うのです。私もスポーツにたけていたらアスリートになりたかったなあと思うものだから羨ましいです。全て自分に帰ってくるでしょう。何せ、我慢強いけど力がなくて...

いろいろな気持ちを湧き起こしてくれた祭典でした。
フィギュアスケートしかきちんと見ていないのに全て見た気がしている今日この頃。

Sora
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-02-28 22:39 | スポーツ/Sports

荒川静香選手 金メダル

昨日の夜、フィギュアスケート見れました。

暗室作業の前にテレビを付けると、NHKと日本テレビと(TBSもやっていたかな)交互に放送していてチャンネル争いをするかのように、何度もくり返して見れました。

荒川選手のあの流れ、そして切れのある滑り。彼女の為に今回のオリンピック、フィギュアスケートが開かれたかのような自由さを感じました。溜め尽くした思いなのでしょうね。

私の注目していた持主章江選手。残念ですが、緊張していたせいか身体が硬かったように思えます。それはやはり大舞台ですから。でも回転は綺麗です。

日本の美しさというか、そういうものがフィギュアスケートを通して認められたようで嬉しさを感じました。

Sora
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-02-26 02:59 | スポーツ/Sports

フィギアスケート女子

フィギアスケート女子、見逃していましたがダイジェストで見ることが出来ました。

荒川選手はやっぱり力強さを感じます。しっかり氷のリンクに足を付いているという本当テクニックが素晴らしいし、自由に演技をしている姿に魅せられます。目を引き寄せられます。

そして持主選手は流れがある。演技が美しい。細かい描写の感情が伝わってきます。これはテクニックを越えた彼女しか表現出来ない技。決勝が楽しみです。
でも、朝の8時とは。見れません。またダイジェストで見るしかないのでしょうか。

Sora
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-02-22 21:12 | スポーツ/Sports

トリノ五輪開幕

いよいよトリノ五輪が開幕しました。
特別、待ちに待ってと言う訳ではないけれど、スポーツは観戦するのもやることも好きなんです。運動部だったのでワクワクします。

とはいえ、観る理由はやはりフィギィアスケートです。
荒川選手がかなり注目されていますが、私は持主選手の演技が見たいです。

スノーボードクロスも今年から導入されたようですが、これも面白そうです。
かなり危険な競技のようですが、女子では藤森由香選手が出場決定したということで注目されているようです。
見逃してしまいそうですが、フィギュアスケートだけは見逃さないようにしないと。

Sora
[PR]

by sora_atmosphere | 2006-02-11 12:42 | スポーツ/Sports