カテゴリ:ニュース/News( 5 )

ルーリン彗星とは?

f0053506_0445717.jpg


今月の19日未明に、東北や関東、東海地方などで観測されたという、ルーリン彗星。
写真で見る限りでは、青い流れ星のように見えますが、これが観測される意味とは何でしょう。

ほうき星とも呼ばれる彗星は、数万年以かけて地球に接近してくるものだそうですが、その天体は、太陽系の中を運動しながらガスやダストを放出する小天体といわれているそうです。流れ星のイメージがありますが、流れ星は、彗星である小天体から放出された塵のことだそうなので、そのもととなるのがこの彗星ということになります。

ルーリン彗星は、空が暗い場所だったら肉眼でかろうじて見えるぐらいの明るさということです。東京では(特に大都市)、あちらこちらに人工的な明かりが灯っていて、空が明るいので見えにくいのではないかという印象がありますが、どうなのでしょう。天体観測はしたことがないので分かりませんが。

イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが、望遠鏡をいち早く取り入れ天体を観測して、多くの科学の発見をしましたが、そういった科学革命がいまも現代に受け継がれているのでしょうね。または未知の天体へや宇宙への憧れか、ロマンか。私は観測にはあまり関心が薄いのですが。先週見た映画「ザ・ムーン」で満足してしまっています。
「23、24日は東京で午後10時ごろから翌日の午前4時ごろで、土星のすぐ近くにあり、午前1時ごろに南の空の高い位置を通る」ということです(毎日新聞ニュースセレクト参照)。夜中ですね。

国立天文台ウェブ参照

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-02-20 01:20 | ニュース/News

国立西洋美術館、世界遺産目指して

f0053506_2259944.jpg

(C)geijyutu shincyo

先日「西洋美術館本館の建築は世界遺産に推薦されている」と書きましたが、現在発売中の芸術新潮でも取り上げられていました。
「なるか、世界遺産 国立西洋美術館のすべて」

国立西洋美術館本館は、日本で唯一フランスの建築家、ル・コルビジェが設計した建物で、設立してから50年になるそうです。西洋美術館には時々企画展を見に行くので、世界遺産に認定されたら嬉しいことだなと感じています。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-01-27 23:08 | ニュース/News

アンドリュー・ワイエス、死去。

f0053506_2145592.jpg


昨年暮れに、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスの展覧会を見にいったことをここに書いたのですが、その画家が、今月16日に亡くなったというニュースを知りました。91歳。かなりショックです。

ワイエスの絵に対する精神性に興味を抱いて、昨年の展覧会でその意味を知っただけに、かなり残念です。歳を重ねても絵を描くことに対する精神は消えなかったという、最早遺作となってしまった絵画の魂は消えることはないと思います。

ここにご冥福をお祈りして。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-01-19 21:14 | ニュース/News

「世界最高」の仕事?

f0053506_22514649.jpg
ちょっと驚いたのがこちらの記事。オーストラリアの島、グレートバリアリーフで半年暮らして報酬を得るという求人を内外から募集しているというもの。その報酬がとんでもない金額で、なんと15万豪ドル。日本円で1000万円。

「ただ島で生活するだけが仕事」というというわけではなくて、仕事の内容は島の管理など。砂浜の巡回や、サンゴ礁をシュノーケリングで見て回ったり、ブログや写真日誌、ビデオなどで、島の状況を常に報告をしなければならない。自然保護のキャンペーンの一環なのだとか。

自然破壊が多い中、凄い仕事もあるのだなと感心させられました。条件が色々あるようですが、人生をリセットするにはよい情報かも(リセットになるかどうか...)。
The Bestjob In The World



この記事があるサイト↓
グレート・バリアリーフで半年暮らして1000万円=世界最高の求人募集






Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-01-15 23:30 | ニュース/News

グーグル・アースでプラド美術館の名画を鑑賞

f0053506_22161010.jpg今日から、インターネットで見つけた関心を持った記事も時々ブログに書こうと思います。

記念すべき(?)第一回目は、スペインにある200年の歴史を誇るプラド美術館の名画が、グーグル・アースでを使って超高解像度で閲覧できるというもの。

絵画や工芸など細部を見るときは、単眼鏡という虫眼鏡を利用されていますが、キャンバスの表面を至近距離で見ることが出来るのだとか。

「本物を見る」という感覚では、やはり実物を見るに足らないところはあると思いますが、「人間の目だけでは分からない部分も見ることが可能」だというハイテクの進化は、研究者にとっては有り難いものかもしれません。

ただし、グーグル・アースはダウンロードが必要。



この記事があるサイト↓
グーグル・アース高解像度画像でプラド美術館名画の鑑賞が可能に


Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-01-15 22:34 | ニュース/News