僕がいない場所 I am/Jestem

f0053506_12494798.jpg










  2週間ほど前に見た、ポーランド映画『僕のいない場所』。愛されない子供たちは、いつの時代にも変わることなく存在している。この映画は、社会主義から民主主義へと変わり行くポーランドの小さな町が舞台。

 親に愛されず孤独でも、強く生きていこうとするクンデル少年の姿が、ポーランドの原風景とともに、流れを追うように淡々と描かれていきます。


 現在、ポーランドでは資金不足で、映画製作が困難という状況にあるという(パンフレットより)。特に、このように芸術性や作家性を重視する淡々と描く映画は、尚国内で上映場所することさえも困難だといいます。こういう系統の映画がどんどん少なくなってきた気がしますが、受け継いで欲しいですね。私は映画作りたくなります。脚本書いて、監督して...。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします
[PR]

by sora_atmosphere | 2007-11-04 13:30 | 映画/Cinema