デイヴィット・リンチ・ワールド

f0053506_1439030.jpg前回の記事でも、デイヴィット・リンチ・ワールドを鑑賞したことを少し書きましたが、今回は「ザ・ベスト・オブ・デイヴィッド・リンチ・ドット・コム」 のプログラムを鑑賞してきました。改めて、アーティストだなと感じました。通常の映画監督とは一味違う、まさにアーティストです。

"sunset"というタイトルの映像や部屋から窓の風景を映した映像なんて、美術館やギャラリーでやるような映像で、それをインターネット配信で堂々と見せるところがやはり凄いなあと思います。あれを空間を使って映像インスタレーションでやると、かなりいい感じになると思いました。私は"sunset"は気に入っています。

解説は全然見ていないので、私の主観的でした分からないのですが、リンチがやるとなんでも「ミステリアス」で「意味深」な物語になるのが凄いところです。サウンドもうまく利用しているのが印象深いのですが、何か変化が起こるわけでもないのに「何か起こるんではないか」という張り詰めた緊張感が心に語りかけてくる「何か」を感じます。これからの映像表現への期待を感じさせるものでした。ここまで誉めるといいすぎかな。

今回も最後に「ダムランド」 も上映したのですが、このままのテンションで見るのはちょっときつかったかなと思います。相変わらず2階席はクスクスと笑いがしていましたが(今回この映画館での鑑賞初の1階席)。前回の衝撃と、後は前回の話の方が面白かったかな。次の新作はいつになるのでしょうか。「インランド・エンパイア」などだんだん複雑になってきているような気がしますが。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

by sora_atmosphere | 2009-03-20 14:43 | 映画/Cinema