有り難うございました

この更新をもって、"Life is beautiful"を終了いたします。

長い間、遊びに来ていただいて有り難うございました。
あまり参考にならなかった(かもしれない)情報などもあるかもしれませんが、こちらでは私なりに楽しく更新できたと思っています。

何よりもブログを通じて、普段は会うこともないであろう人々とコミュニケーションを取れたりしたことが私にとっての収穫かなと思っています。知り合いや友人も見ていたかなと思いますが。

それでは、また別のブログ(?)でお会いできることを願って。
何かあったら更新するかもしれないけれど、取りあえずは有り難うございました!

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ

2010/1/4更新 新年のご挨拶
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-29 23:31 | お知らせ/Information

シロツメクサ?

f0053506_17265530.jpg


先日、花屋で色合いに惹かれて購入したブラッククローバー。
葉の淵は緑だけれど、真ん中は黒紫色をしています。

クローバーというと、よく幸運をもたらす植物として押し花にしたりしますが、特にそういう意味で買ったのではないです。私はあまり部屋に植物を置かないので、暖かくなってきたし、何か置きたいなあと考えていたらちょうどいいものを見つけたので買いました。
葉が4つあるので、確かに四つ葉のクローバーなのですが、どうやらこれは"シロツメクサ"ではないので偽物なのだということ。シロツメクサと同じマメ科なので、クローバーには間違いないのですが(ブラッククローバーはクロバツメクサという名前)、それを「幸せをもたらす四つ葉のクローバー」として売るのは間違いなのだそうです。
というのも、四つ葉のクローバーの意味である「幸運」の由来というのは、ヨーロッパにあるようです。ヨーロッパでは、三つ葉のクローバーはキリストの三位一体を、四つ葉のクローバーは十字架を意味するからだそうです。

そういう意味とは関係なく買ったので、、私自身は問題ないのですが、もしそういう意味ありで購入される方は注意をして下さい。花屋で購入する場合はそういうジンクスを気にして買う人はあまりいないと思いますが、たとえば、押し花にしてキーホルダーにして売っているところで「四つ葉のクローバー」としているのに偽物があるようです。その場合はやはりそういう意味で買う人は多いと思いますから。

それはさておき。
植物を買う度に、小さなガーデニングを作りたいなあと思うのだけれど、そうする前に枯れてしまうのでなかなか実行できないのですが。ちなみに、このクローバーは夜になると葉を閉じます。植物も生きているんだなと感じます。


f0053506_184221.jpg


Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-29 18:06 | 日記/Life

忘れえぬロシア展

f0053506_23505493.jpg4月から開催される展覧会で、行くことを決めているもの(前売りを買ったので)があります。「忘れえぬロシア展」19−20世紀にかけて収集したという国立トレチャコフ美術館のコレクションです。
「忘れえぬ」とは一体何を意味しているのか。

クリミア戦争の敗北から農奴制廃止を経て、巨大な帝国は社会主義革命を前に静かに沈没していく運命であった19世紀後半のロシア。社会が混乱しているなか、文化的には活気溢れる時代であった。そんな中で知識人たちは、民衆と祖国を意識して、社会の真実を探求しようとしたという。

ロシア美術の中心となっていたのが、リアリズム。写実主義という美術の方向性にあって社会のなかに生きる人々の小さな幸せの中の美しさを描き出そうとした。リアリズムは、19世紀から20世紀初頭のロシア美術を理解するキーワードということです。
(HP参照)

ロシア絵画は、一度見に行ったことを記憶していますが、画面が暗い印象がありました。確かな記憶ではないのですが、この暗い印象は、当時の社会性が強く出ていたのでしょう。あまりロシア美術のことは詳しく分からないのでこれを機に、少し頭に入れておこうかな。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-29 00:14 | 展覧会/Exhibition

ライカギャラリー

f0053506_21265434.jpg

(C)Koichi inakoshi

ライカギャラリーは、日本(東京)の他に、フランクフルト、イスタンブール、ニューヨーク、ザルツブルグ、ソルムス、ウィーンにあります。2003年にはチェコ(プラハ)にあったのですが、2年後当時の場所を思い出しながら辿り着いたら他の店舗に変わっていました。店員さんに聞くと無くなってしまったということで残念だったことが記憶に残っています。

東京のフォトサロンで開催中の展覧会は、写真家・稲越功一による「芭蕉景」

私が最後に稲越氏とお会いしたのは、昨年の8月。中国の写真展のご案内のお便りを頂きました。ちょうど、ポーランドに行く前に稲越氏の事務所に訪れて、写真を勉強させてもらいたいとお願いをしました。良い返事をもらえなかったけれど、私が帰国したことを知らせるとお便りをくれたのです。一人きりで、本当に写真を撮ってくると思わなかったようで、周りのスタッフに「この子は一人で全部やっちゃうんだよ」とテンション高く話されて恥ずかしい思いをしたことが忘れられません。

先月、氏が急死されてことを知りました。正直とてもびっくりし、あのとき言葉を濁らせていたことの意味が分かったような気がしました。そんなことも知らずに、ちょっと生意気だった私を思い出すともう少し正直になればよかったなと思いました。

あのとき頂いた、フランスで出版された写真集は宝物のように大切にします。
最近なぜかふと、その写真集が見たくなって眺めていたことが不思議です。

ご冥福をお祈りいたします。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-28 21:59 | 展覧会/Exhibition

昨年の今日は...

f0053506_0312135.jpg


ちょうど一年前の今日は、最後のドイツを名残惜しく感じていた時だと思います。
生きている中で、旅は本当に短い時間だと思います。けれど、旅を記憶したことしか強く焼き付かなくなったのはいつのころからだろう。恐らく10年以上前(というより確実に)に初めて一人で旅をした時から私の記録(あるいは記憶)は始まっていたのだろうか、と考えると短い期間ではないように感じます。

記録するために写真を始めたことだけれど、いまでは歴史(その出来事)を「見るため」「記憶するため」に変わっているのも不思議なものだなと思います。人生は一度きりだから、やはり最後に行き着く先は自分が望んでいることを選ぶんだろうな、と少し贅沢なことを考えながら、そう暢気に日々を考えている場合ではないと、もう一人の自分に叱咤されるのです。

そんなことのくり返しで、恐らく人間は生きていくものではないかと思います。
ここの更新も、もう少ししたら辞めてしまうから(更新する状況がこれから難しくなるので)、最後の最後に色々振り返ってみました。本当に「記憶」はこれからこれから。いつかランクから消える前にブックマークをしておいて下さいね。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-26 00:51 | 日記/Life

岡本太郎記念館

青山に行ったのは、現在、岡本太郎記念館で開催中の『明日への神話』40年の軌跡を見に行ったためでした。

岡本太郎記念館は、1996年に亡くなる前まではアトリエ兼住居だった場所で、今でもたくさんの書籍やキャンバスなどが置かれてあり、生活の匂いというのを感じさせられる場所です。
展示室内ではないアトリエの方(キャンバスとか並んでいる場所)も入れるのですが、入り口に入った時にファッと何かを感じました。結構私はこういうのを感じやすくて、嫌な空気ではなく優しい何かに包まれるような感触です。今では2人の写真が遺影として置かれていました。

展示は、修復の作業から、『明日への神話』を渋谷に設置するまでの作業をを映像で流していました。たくさんの人が関わる状況で、一つのプロジェクトを作り上げるエネルギーというのを感じました。

記念館(アトリエ)は、閑静な環境でまるで都会とは思えないようなゆっくりとした時間が流れるような場所でした。晴れていたこともあり、庭でオブジェを眺めながら、幸福な気分になりました。散歩がてらには適した所だと思います。最近出かける時に、コンパクトカメラを持っていくのを忘れてしまうので、携帯から撮った写真です。


f0053506_13401717.jpg

f0053506_134142100.jpg

f0053506_13401726.jpg

f0053506_1342124.jpg


Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-22 13:40 | 展覧会/Exhibition

TRAVELER'S notebook

f0053506_23192393.jpg目黒→原宿→表参道→渋谷。
と、まさに旅をするように移動しました。
青山はいつも行く度に、元気になる場所ですが。

スパイラルの前を通ると、あるお店に人集りが。
こんなお店が特別に出ていました。





旅を愛するすべての人達へ
TRAVELER'S notebook

私は、リフィルだけを買いました。こういうのを買うと色々書きたくなるんですよね。
旅をするときは、MOLESKINEが使いやすいけれど。色々試してみるのも楽しいものです。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-21 23:21 | 日記/Life

レヴィ=ストロースの庭

f0053506_14585718.jpg港千尋氏の本を最近良く読むことを以前にも書いたことを記憶していますが、気になっていて読みたかったエッセイをようやく手にして読んでいます。

「レヴィ=ストロースの庭」(NTT出版)

レヴィ=ストロースは、フランスのブルゴーニュの別荘で暮らす思想家です。
このクロード・レヴィ=ストロース教授のインタビューは、愛知万博博覧会の創刊誌「くくのち」として紹介されたようです。「週刊読書人」でも紹介されていました。

3編のエッセイから構成されているのですが、<庭の神話>では、神話の話が出てきたり、例えばカラジャ族の「森の掟」に関する神話であったり。アマゾンは、森であると同時に庭であったりすることなど。アマゾンは、「原生林」ではなく、人間と森がつくりあげた文明の自然であるというあくまでイメージであるが、なかなか興味深いです。

森が、本来の森であるかどうかというのは私自身が興味があることの一つなのですが、昔はそんなことはあまり考えなかったことです。個人的に生物学者の本などに触れていると、日本が森を神と崇める気持ちだとか、前回見た映画に「ミーシャ」に登場する白い狼を神と感じる心とか。日本人特有な考え方であるような気がします。それについて研究したり詳しく調べているわけではないのですが、そういう風に感じることというその特有な気持ちはどこからくるのか不思議です。

最近私が、「なぜ写真を選んだか」とか「写真を特別なものとして考えるようになったか」とか(今はしょっちゅう撮っている訳ではないけれど)、そういうことを実践するためにやはり写真をやっていくべきだと思うようになりました。その答えは見えないけれど(見えてしまうとやる意味がないような気がする)、に「何をやるべきか」ということについては決まっています。今までは何か良く分からないけれど、やらないと気が落ち着かないとか、やらないと生きている意味がよく分からないというような感じでしたが、「何をやるべき」ということは、はっきりしていなかったような気がします。美術大学で勉強するからには分かっておかないとちょっときついと思いますが(私なりに)、独学しているときからつねにそのことは考えていたような気がします。だから早いうちにその答えが見つけることができて(現時点では)ちょっとほっとしています。

意気込みはいつも十分なのですが、どこまで完成するのかというのはやはり「気持ち」次第だと思います。若いときはなんでも出来るような気がするのも無心だったからだと思いますが。今は知っているからこそ出来るという気持ちでこれからの人生は考えていかないと、ということはいつも考えていることですが。

「レヴィ=ストロースの庭」からはちょっと遠ざかってしまいましたが、写真も文章もためになるような書籍です。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ


[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-20 15:48 | 本/Books

デイヴィット・リンチ・ワールド

f0053506_1439030.jpg前回の記事でも、デイヴィット・リンチ・ワールドを鑑賞したことを少し書きましたが、今回は「ザ・ベスト・オブ・デイヴィッド・リンチ・ドット・コム」 のプログラムを鑑賞してきました。改めて、アーティストだなと感じました。通常の映画監督とは一味違う、まさにアーティストです。

"sunset"というタイトルの映像や部屋から窓の風景を映した映像なんて、美術館やギャラリーでやるような映像で、それをインターネット配信で堂々と見せるところがやはり凄いなあと思います。あれを空間を使って映像インスタレーションでやると、かなりいい感じになると思いました。私は"sunset"は気に入っています。

解説は全然見ていないので、私の主観的でした分からないのですが、リンチがやるとなんでも「ミステリアス」で「意味深」な物語になるのが凄いところです。サウンドもうまく利用しているのが印象深いのですが、何か変化が起こるわけでもないのに「何か起こるんではないか」という張り詰めた緊張感が心に語りかけてくる「何か」を感じます。これからの映像表現への期待を感じさせるものでした。ここまで誉めるといいすぎかな。

今回も最後に「ダムランド」 も上映したのですが、このままのテンションで見るのはちょっときつかったかなと思います。相変わらず2階席はクスクスと笑いがしていましたが(今回この映画館での鑑賞初の1階席)。前回の衝撃と、後は前回の話の方が面白かったかな。次の新作はいつになるのでしょうか。「インランド・エンパイア」などだんだん複雑になってきているような気がしますが。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-20 14:43 | 映画/Cinema

親不孝だなと思うこと

f0053506_2321127.jpg


今日、母が入院していたことを知った。
家の家族はそれぞれ離れて暮らしているが、あまり家の家系は病院に行かないほうで、何かあると病院に行く(ような気がする)。

しかし、母は私に心配をかけまいと何も言わない。
以前、父が入院したときも私はお見舞いに行かなかった。これは親不孝なのかなと思ったりもするが、連絡をしてこないというのは、やはり心配をかけまいとする心遣いなのかもしれないかと思う。母のお見舞いにも、弟は行くようだけれど私には連絡はなかった。
手術後、病室から「元気になったら連絡するから」といっただけだった。

私が念願の美大で勉強できるので、心配をかけまいとする心遣いなのかもしれない。
勉強できる嬉しさと、これからの自分のやりたいことを伝えていたからそれを分かっていたのだろう。

明日、母の好きな桜の花でも送ってあげようかな。
まだ桜の時期ではないから、花屋に置いてあるか解らないけれど。

Sora


人気blogランキングへ
気になった方はクリックをお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
[PR]

# by sora_atmosphere | 2009-03-18 23:22 | 日記/Life